京都芸術劇場春秋座 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター

春秋座では、2010年以来、毎年オペラ公演を開催しており、声の魅力を大切にするオペラとして、毎回好評をいただいています。

10年目の節目を迎える今回は、これまでに上演したオペラから選りすぐりの名場面をラインナップ。実力派の歌手が一堂に会し、奥村哲也指揮する京都フィルハーモニー室内合奏団とともに、春秋座オペラ10周年を祝います。
初めての方から熱烈なオペラファンまで贅沢な時間を存分に味わえる珠玉のプログラム!!
モーツァルト、プッチーニ、ヴェルディなど、一度は耳にしたことのある名曲が目白押しで、初めての方でも一日でオペラの醍醐味を存分に味わうことのできるプログラムになっています。またオペラ通にとっても、これまで春秋座オペラに出演してきた確かな実力を持つソリストたちの、聴き応えのある歌声をお楽しみいただけることでしょう。

 

曲目

「椿姫」より

    ああ そは彼の人か~花から花へ

    乾杯の歌


「セヴィリアの理髪師」より 

    俺は町の何でも屋

    今の歌声は


「ラ・ボエーム」より 

    冷たき手を    

    私の名はミミ

    幸せだったあの場所に戻ります

    もう本当に終わってしまったの(4重唱)

「魔笛」より 

    燃立つ復讐の炎

    ああ消え去った恋の幸せ、パパパ(2重唱)


「蝶々夫人」より 

    ある晴れた日に

    さらば愛の家よ


「カルメン」より 

    恋は野の鳥(ハバネラ)

    闘牛士の歌

    うまい話があるぞ(5重唱)

    花の歌

※曲目は変更となる場合がございます。