山本欽也(テノール)

春秋座オペラ10周年誠におめでとうございます。文化都市京都を代表する劇場で、これからも多彩な演目を期待しております。

ご自身が関わった春秋座オペラの公演名

2018年「蝶々夫人」

その時の印象に残った出来事は?

昨年、春秋座オペラ歌劇「蝶々夫人」にゴロー役で、出演させていただきました。一流のキャストと共に、プッチーニの名作に、挑戦できたこと嬉しく思います。京都に本格的なオペラが根付いてくれることを祈ります。

京都芸術劇場春秋座 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター